ホーム > 診療科・部門 > 中央部門等 > 集中治療部

ここから本文です。

集中治療部

部門の紹介

集中治療部_画像1当院集中治療部は循環器内科領域、心臓大血管呼吸器外科領域、そして一般集中治療領域で構成されています。集中治療部はC病棟3階にあり、中央手術室に直結しています。その関係から術後管理を主体とした運営体制をとっていますが、新生児を含め一般病棟での急変患者の受け入れも行っており非常に多種多様な病態を管理しています。循環器内科医を中心にCCUとした機能も有しています。昨今の医療管理体制の変遷から術後管理を一貫して集中治療部専属の医師によって行う流れが出てきており、集中治療部専属医師を中心に術後管理を行う体制をとることを目指しております。
また、集中治療管理だけでなくシミュレーション教育、医療安全に関して集中治療部で高度な専門教育が受けられるとあって集中治療専門医を目指す若い力も芽吹きだし活気を浴びてきております。また、平成26年に改築を行い1室あたり20平米以上の個室を14室有する新しいICUとして再出発しております。

部門内容

2011、2012、2013年度の患者管理数は一般集中治療部門300人、357人、405人、心臓血管呼吸器外科部門376人、357人、353人、循環器内科部門335人、288人、321人合計1001人、1002人、1079人とコンスタントに1000人を超える患者数となっています。また病床利用率も80%前後で推移しています。2013年度は一般集中治療部門が最も多くなり今後もさらに症例数が増えそうです。「困ったときはICUに相談してください」のキャンペーンが浸透してきたようです。小児心臓血管手術が開始され集中治療部のますます需要が高まってきております。

受診される方へ

対象となる患者さんは多岐に渡ります。大手術後の患者さんや心不全呼吸不全、敗血症の患者さんが対象となります。時には人工心肺を必要としたり透析を必要とした患者さんが入室されることもあります。基本的には術後患者さんもしくは院内急変の患者さんを対称に集中治療が施されております。院外発症で集中治療を必要とされる患者さんは救急センターのICUで管理されております。

医育機関の方へ

教育面において急変時の対応を取得できるよう初期研修医対象に研修を開始しております。麻酔科の研修にリンクした形で集中治療部の研修行っています。全身管理および術後一般管理について高度な研修が提供できていると自負しております。

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター