ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 皮膚科

ここから本文です。

皮膚科

診療科の紹介

皮膚科_画像1皮膚科学教室は昭和38年11月に開設され、関連病院とともに、奈良県における皮膚科診療の中核を担っています。皮膚科専門医、アレルギー専門医のスタッフが在籍し、現在まで多数の皮膚科専門医の育成に貢献してきました。主な研究・診療のテーマは、「皮膚免疫・アレルギー」、「水疱症」、「ウイルス性皮膚疾患」、「紫外線による皮膚障害」、「創傷治癒・皮膚の再生」、「皮膚病理組織学」など多岐に渡り、臨床への還元を目指した研究に日々取り組んでいます。特に、「免疫・アレルギー」については、日本アレルギー学会認定教育施設として、アレルギー専門医の育成にも力を注いでいます。

診療内容

皮膚疾患一般の診療に加え、アレルギー性皮膚疾患、ウイルス性皮膚疾患、膠原病、水疱症、皮膚腫瘍、その他、専門的な検査・治療が必要な皮膚疾患の患者を受け入れております。アレルギー疾患、薬疹などでは、治療とともに検査をきめ細かく行い、原因究明に努めています。皮膚腫瘍の手術に関しても形成外科と連携して、QOLをできるだけ向上させるような方法を工夫しております。特に皮膚がんに関しては診断、手術、化学療法など奈良県ではトップクラスの実績を有しています。

  • 外来診療
    一般外来、検査、日帰り手術を主に行っています。代表的な疾患は、薬や金属、紫外線などのアレルギー、アトピー性皮膚炎、乾癬、皮膚感染症、脱毛症、水疱症、白斑、膠原病、やけど、とこずれなど難治性皮膚創傷、悪性や良性の皮膚腫瘍などさまざまです。
  • 入院治療
    重症皮膚疾患を治療します。(重症薬疹、皮膚がん、水疱症など)、皮膚がんの手術ではリンパ節への微小転移の有無を確認する「センチネルリンパ節生検」といった先端医療を取り入れています。乾癬の治療では生物学的製剤による治療施設の認可を受けています。脱毛症のステロイドパルス療法も行っています。

 

  • パッチテストなどアレルギーの皮膚テストが可能です。
  • ダーモスコピーやエコー検査を活用し、悪性かどうかの診断に役立てています。
  • UVA、ナローバンド紫外線治療装置、血管腫やいぼ治療のレーザー機器も配置しています。

受診される方へ・医療機関の方へ

一般の医療機関では難しい重症の皮膚病の治療を中心に行っています。はじめての受診の際には、紹介状をお持ち下さい。また、2回目以降の再診は原則予約制となっておりますのでご注意下さい。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター