ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 呼吸器外科

ここから本文です。

更新日:2018年2月28日

呼吸器外科

診療科の紹介

呼吸器外科2・私たちは、1.良質で安全確実な診療、2.患者さんに安心を与える医療人の育成、3.質の高い研究を目標に日々励んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

・大学病院であることを生かし、呼吸器内科、放射線科、病理診断科などの関連各科と協調し定期的にカンファレンスを行い、質の高い集学的診断・治療を行っています。また、高齢化社会に対応すべく、慎重な社会的・身体的検討を基に低侵襲手術から拡大手術まで、あらゆる診療に対応できるように心掛けています。

   奈良県立医科大学附属病院 呼吸器外科 部長  澤端 章好

診療内容

原発性肺癌、転移性肺腫瘍、気腫性肺疾患、縦隔腫瘍など呼吸器疾患全般について外科診療を行っており、内視鏡(胸腔鏡)手術を積極的に適応しています。

・内視鏡手術は1990年前半から導入しており、約30年の経験があります。麻酔科とも協働し、浸襲の少ない手術・痛くない手術を実践し、早期離床、早期退院が可能で、術後在院期間の平均は約5日です。ことに高齢患者は術前に社会的背景、身体的・精神的活動性を評価し、手術を行っています。

・進行肺癌・進行縦隔腫瘍に対しては呼吸器内科・放射線科とチームを組んで外科治療、抗がん薬療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療を積極的に行っており、隣接臓器の合併切除や気道・血管の再建を伴った手術にも対応しています。

・肺機能の温存を考慮した肺楔状切除/区域切除などの縮小肺切除に対しては、基礎的・臨床的研究に基づいた残存遊離癌細胞を減少せしめる術式で安全に施行しています。

・対象となるがんの遺伝子情報や免疫機能の状態によって良好な治療効果が期待できるようになり、遺伝子情報や免疫チェックポイント機能の探索を取り入れた治療も行っています。

対象となる疾患

呼吸器外科とは、胸部にある肺・気管・気管支・縦隔・胸壁・横隔膜などの外科治療を行う診療科です。

対象疾患

1.肺悪性疾患:

  1)原発性肺癌、2)転移性肺腫瘍 など

2.炎症性疾患:

  1)非結核性抗酸菌症、2)膿胸、3)肺真菌症 など

3.縦隔腫瘍/胸壁腫瘍:

  1)前縦隔腫瘍(胸腺腫/胸腺癌 など)、

  2)中縦隔腫瘍(嚢胞性疾患:気管支原性嚢胞、心膜嚢胞 など)、

  3)後縦隔腫瘍(神経原性腫瘍 など)

4.気胸・嚢胞性肺疾患:

  1)気胸、2)気腫性肺嚢胞(巨大ブラ)など

5.その他

受診される方へ

・医療機関を受診し、呼吸器外科での専門的診療が必要と判断された場合、1.診療情報提供書、2.画像検査情報、3.検査情報 などをもって受診をお願いします。

・手術適応、治療方略を決めるために診察や検査を段階的に行いますので、入院までに外来診察を繰り返します。

・医学研究に参加していただく場合は、外来でも説明させていただく事がありますので、ご了解ください。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器内科 腎臓内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科
神経内科 消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科
歯科口腔外科 産婦人科 眼科 小児科 精神科
皮膚科 泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科
麻酔科 救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科
リハビリテーション科 呼吸器外科      

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター