ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 消化器・内分泌代謝内科

ここから本文です。

消化器・内分泌代謝内科

診療科の紹介

消化器・内分泌代謝内科_画像1第三内科(消化器・内分泌代謝内科)は、1977年に大学整備拡充事業の一環として開設された講座で、初代辻井正教授の指導のもとに多くの人材が集まり、専門領域も拡大してまいりました。現在では多数の当科出身の医師が奈良県の各病院で地域医療に貢献しています。1995年には、福井博教授が就任し、奈良県を中心とした各地域の病院との密接な連携のもとに、消化器(消化管・肝胆膵)疾患、内分泌・代謝性疾患を中心とした診療を担当しております。現在、附属病院において、年間約40,000人の外来患者、約20,000人の入院患者さんを診療しており、1人1人の患者さんの価値観や気持ちに寄り添った診療を実践し、全人的な医療を目指しています。

診療内容

消化器は、消化管(食道、胃、小腸、大腸)と肝臓、胆道、膵臓からなり、癌(がん)が多く発生する領域です。がんは早期に発見することが肝要で、超音波や内視鏡、超音波内視鏡、CT、MRI等を用いて早期診断に努めています。早期に発見された肝臓癌や早期食道癌、早期胃癌などは、ラジオ波凝固療法や内視鏡的粘膜下層剥離術などの超音波や内視鏡を応用した先端治療技術を駆使して治療しています。進行がんに対しても、消化器外科、放射線科、腫瘍放射線科などと密に連携して、専門的で集学的な治療を実践しています。また、肝炎や肝硬変、胃食道静脈瘤、胆石症、膵炎、胃十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患などの良性疾患についても、各専門スタッフが、安全でより効果的な最新の医療を提供しています。内分泌、代謝分野の代表的な疾患は糖尿病、痛風、バセドウ病、慢性甲状腺炎、甲状腺腫瘍,下垂体疾患、副腎疾患、性腺疾患、成長ホルモン分泌不全性低身長などで、専門スタッフが綿密な病態分析のもと、きめ細かい治療を行っています。

各科外来診療医予定表ページへ
各科独自のページへ

診療科

循環器・腎臓・代謝内科 呼吸器・アレルギー・血液内科 消化器・内分泌代謝内科 感染制御内科 神経内科
消化器外科・小児外科・乳腺外科 脳神経外科 心臓血管外科 整形外科 歯科口腔外科
産婦人科 眼科 小児科 精神科 皮膚科
泌尿器科 耳鼻咽喉・頭頸部外科 放射線科(画像診断・IVR) 放射線治療・核医学科 麻酔科
救急科 総合診療科 形成外科 病理診断科 リハビリテーション科
呼吸器外科        

専門外来

女性専用外来 化学療法外来 助産外来 乳腺外科外来 セカンドオピニオン外来
妊娠と薬外来 口腔ケア外来 新生児・発達外来 漢方外来 乳房再建外来

中央部門等

中央臨床検査部 輸血部 中央手術部 集中治療部 中央放射線部
中央内視鏡・超音波部 透析部 病院病理部 医療情報部 高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター 母体・胎児集中治療部門 総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部門 感染症センター 精神医療センター 腫瘍センター
緩和ケアセンター 移植細胞培養センター 小児センター メディカルバースセンター ペインセンター
リウマチセンター 糖尿病センター 先天性心疾患センター 周術期管理センター IVRセンター
中央材料室 遺伝カウンセリング室 地域医療連携室 薬剤部 看護部
栄養管理部 臨床研修センター 医療技術センター 医療安全推進室 感染管理室
 臨床研究センター