ホーム > お知らせ > インパクトファクターが更新されました。

ここから本文です。

更新日:2015年6月22日

インパクトファクターが更新されました。

インパクトファクターが掲載されているデータベース、JCR(Journal Citation Reports)(外部サイトへリンク)2014年版が公表されました。これにより最新のインパクトファクター2014年となります。

今回の更新に伴い、以下の2つの指標が追加されました。。

  • Journal Impact Factor Percentile(インパクトファクター・パーセンタイル)
    各分野内において、他のジャーナルに対する相対的な位置をパーセンタイルで示した指標です。0から100までの間の数値で表示され、数値が高いほどインパクトファクターの相対的な値が高いことを意味します。各分野のインパクトファクターのランキングにより正規化したこの指標は、分野をまたいでジャーナルの比較をすることを可能にします。
  • Normalized Eigenfactor(正規化アイゲンファクター)
    Eigenfactorをより分かりやすく、使いやすいものにするため、Eigenfactorのアルゴリズム自体はそのままに、倍数のスケールにより表示をする指標を開発しました。Normalized Eigenfactorは、分野内の平均スコアが1となるよう正規化されています。例えば、あるジャーナルのNormalized Eigenfactorスコアが5のとき、これは平均的なジャーナルの5倍の影響力を持つことを意味します。

また、以下の数値も追加されました。

  • Percent Articles in Citable Items(Citable Items中のArticleの割合)
    インパクトファクターの計算に使用される論文数のうち、Articles(原著論文)の割合を示します。ちなみにCitable Itemsは、ArticlesとReviewsに分けられています。

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 教育支援課 医学情報係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-23-9981

ファックス番号:0744-23-3273