ホーム > 学生生活 > 同窓会 > 医学部 看護学科同窓会

ここから本文です。

更新日:2015年5月21日

医学部 看護学科同窓会

奈良県立医科大学医学部 看護学科同窓会

ご挨拶

同窓会長挨拶

このたび、奈良県立医科大学医学部看護学科同窓会の会長に就任いたしました。会員の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

私は、昭和45年に本学の前身である高等看護学校を卒業し、その後臨床と教育の経験を経て、平成21年3月末で退職いたしました。

本同窓会は、平成27年3月に医学部看護学科の第8期卒業生を新会員として迎え、会員数も3800余名となりました。今、同窓会に求められているのは、同窓会員の皆様との親睦を深めること、会員相互の交流の場をつくること、会員活動支援を行うことだと認識しております。特に、会員活動支援は重要だと考え、奈良県立医科大学と医学部看護学科同窓会の一層の発展に貢献したいと思っております。今後は、理事会役員一同、力を合わせて努力してまいりたいと思います。

どうぞ、皆様の温かいご支援・ご協力をお願い申し上げます。

看護学科同窓会会長
植村 信子

トピックス

看護学科卒業式・入学式参加

同窓会会長賞(華橿賞)の授与

下記の点で特に顕著な功績があった学生に対して、卒業式において同窓会が表彰し、賞状と記念品を授与するものです。

  1. クラスのリーダーとしてクラス運営に貢献した学生
  2. ボランティア活動を通して社会に顕著な功績があった学生
  3. クラブ活動など野外活動で特に優秀な成績を上げた学生

平成26年度 同窓会会長賞授与(卒業式)

卒業式写真

 

華橿功労賞授与式

平成25年度の華橿功労賞の受賞者に梅岡京子さん(平成6年卒業)、平成26年度は石井友紀子さん(平成12年卒業)の2名が決定しました。華橿功労賞は、同窓会員が行った優秀な看護研究の功績をたたえ、同窓会から贈呈される賞です。平成27年2月21日に看護学科棟同窓会事務局にて授与式を行い、受賞された方には、賞状および金一封を贈呈しました。欠席された梅岡京子さんには後日贈呈しました。

平成25年度 華橿功労賞受賞者 梅岡京子さん

  功労賞梅岡さん

【受賞者の声】

華橿功労賞を賜り、誠にありがとうございます。奈良県立医科大学附属看護専門学校で学んだ日々を思い出し、当時看護の基礎を学んだことや恩師の先生方、先輩、同窓生の皆さまとの交流が、いまの看護実践を礎になっていると改めて感じました。私たち臨床看護師は臨床現場での看護実践が仕事です。そのなかで日々患者・家族へのケアを実践しながら、「経験」というデータを蓄積しているのだと思います。その経験を共有できるデータとして発信していくことが、臨床看護師だからこそできる看護研究なのだと考えています。私の看護師としての基礎を育んでくださった恩師の先生方、学友の皆さまに心より感謝申し上げます。(奈良県立医科大学附属病院 梅岡京子)

 

平成26年度 華橿功労賞受賞者 石井友紀子さん

功労賞石井さん
 

【受賞者の声】

私は看護短期大学を卒業後すぐに附属病院ではなく県外の病院に就職いたしましたので、お世話になった先生方とお会いする機会が全くありませんでした。ですので、功労賞も嬉しかったですが、懐かしい母校に戻って来られたことやお世話になった先生方にお会いできたことが何より感激いたしました。現在は「中堅」と呼ばれる経験年数になりましたが、約15年ぶりに看護学校の空気を吸って、学生のころもっと純粋に看護を考えられていた自分を思い出して、気持ちが引き締まる思いがいたしました。育てていただいた先生方に恩返しができるように、これからも看護を行なっていきたいと思います。このたびは、本当にありがとうございました。(奈良県総合医療センター 石井友紀子)

理事会活動

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 教育支援課 教務係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-25-6211