ホーム > 研究・産学官連携 > 寄附金 > 寄附金

ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

寄附金

寄附金

民間企業等や個人篤志家などから本学に教育・学術研究及び診療等に使用されることを目的とする寄附金を受け入れています。寄附金による研究成果は、直接寄附して頂いた方に還元されるものではありませんが、本学の研究水準を押し上げるものであり、ひいては社会に還元されるものです。

受け入れの制限

寄附金により取得した財産や、学術研究の結果生じた権利を寄附者に無償で譲渡するといったような条件を附した寄附金は受け入れられない場合がありますのでご注意ください。

税制上の優遇措置

寄附については法人税法や所得税法における税制上の優遇措置が受けられます。

個人からの寄附

個人からの寄附:2千円を超える部分について総所得の40%を限度に総所得から控除可能。

法人からの寄附

全額損金算入が可能。
※寄附金関係の税制の詳細は、以下をご参照ください。

関連リンク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 研究推進課 産学連携推進係

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051(内線2552、2558)

ファックス番号:0744-29-4746