ホーム > 研究・産学官連携 > お知らせ > MBT新型コロナ感染対策の研究成果について(速報)

ここから本文です。

MBT新型コロナ感染対策の研究結果について(速報)

報告日 令和2年9月1日
試験依頼者 株式会社MTG 様 (愛知県名古屋市)
試験依頼品 MTG社製除菌液製造器e-3Xにて作製された生成液
実験方法 精製した新型コロナウイルスに生成液を噴霧し不活化効果を測定した。
実験結果 コントロールと比べ、5分で最大99.992%まで不活化が確認された。
考察

本試験で使用したMTG社製除菌液製造器による生成液は、新型コロナウイルスを不活化することが判明した。本生成液による拭き取り清掃を行うことにより、物質の表面についた新型コロナウイルスによる接触感染防止に有効である可能性が考えられる。

空間に浮遊するウイルスへの噴霧による効果、人体への影響については、実験を行っていない。

 

報告日 令和2年8月25日
試験依頼者 やまと真空工業株式会社 様 (奈良県香芝市)
試験依頼品 抗ウイルスマスク
実験方法 抗菌加工がされているマスク表面の不織布及び耳紐を切り取り、不織布及び耳紐に精製した新型コロナウイルスを塗布し不活化効果を測定した。
実験結果 コントロールと比べ、2時間で1/1000まで不活化が確認された。
考察

マスク表面及び耳紐は上記のとおり不活化が確認できたので、マスクを手で外すときには接触感染を低減できる可能性が考えられる。

飛沫感染、飛沫核(空気)感染及びマスクを使用した場合の人体への影響(感染確率等)については、実験を行っていない。

 

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 研究推進課 産学連携推進係(産学連携推進センター)

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-29-8021