ホーム > 研究・産学官連携 > 利益相反管理 > 利益相反管理

ここから本文です。

更新日:2016年6月28日

利益相反管理

大学は優れた人材の育成と真理の探究という普遍的な使命に加え、第三の使命である社会貢献活動の一環として、共同研究、受託研究、大学発ベンチャーの創出、ライセンス料の受け入れをはじめとした技術移転など、産学連携活動を実施していますが、これに伴い、企業等と教職員等との関係でいわゆる利益相反と呼ばれる状況の生ずる可能性があり、大学として公共性を確保しつつ、社会的信頼を維持・向上していくためには、これを大学として適切にマネジメントすることが求められています。

ポリシー・規程

教職員等の方へ

お知らせ

各年度初めに自己申告書の提出をお願いします。

自己申告書

以下の様式を用いて申告してください。

各様式

利益相反自己申告書(PDF版(PDF:148KB)WORD版(ワード:36KB)

記載例

利益相反自己申告書記載例(ワード:40KB)

提出先

研究推進課産学連携推進係(内線2552)

相談窓口

利益相反に係る相談室(上記[別表2])

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 研究推進課 産学連携推進係(産学連携推進センター)・大和漢方医学薬学センター

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-29-4746