ホーム > お知らせ > 令和元年度 > 災害発生時に外国人を救いたい~世界トップレベルの救命救急士に英語で学ぶ~

ここから本文です。

更新日:2019年7月29日

災害時に外国人を救いたい
~世界トップレベルの救命救急士に英語で学ぶ~

 奈良県立医科大学において、ニュージーランド救命救急士による災害時初期対応トレーニングを開催します。
本学の臨床英語講座 Bolstad Francesco(ボルスタッド フランチェスコ)教授のもと学生たちは、地震等大規模災害発生時の外国人の患者の治療、海外の緊急医療チームと共に活動することを想定した実践的な英語を学んでいます。
教育の一環として、平成28年度より毎年、医学科・看護学科の希望学生を対象に、ニュージーランドで現地団体協力のもと、災害医療研修を実施してきました。
今回は、ファースト・レスポンダー、ファーストエイド・トレーニングと題し、ニュージーランドから救命救急士にお越しいただき、本学救急医学講座 福島 英賢教授 協力のもと、災害時を想定した患者への初期対応を学びます(全トレーニング英語)。
災害医療における初期対応を英語で学ぶことで、現在、日本国内に多数おられる外国人の方々の被害を最小限にすることに役立てていきたいと考えています。

 

上級編:『ファースト・レスポンダー・トレーニング』

開催日時:令和元年6月29日(土)30日(日)9時~17時
場  所:奈良県立医科大学 看護学科棟2階 第二講義室
対 象 者:本学学生 14名
(臨床英語講座が主催するニュージーランド研修参加者)
概  要:トレーニング用マネキンを用いたシナリオ形式のトレーニング
(AED,気管挿管、EZIO骨髄穿刺等)を実施

初級編:『ファーストエイド・トレーニング』

開催日時:令和元年7月6日(土)10時30分~18時30分
令和元年7月7日(日)10時00分~15時00分
場  所:奈良市青少年野外活動センター(奈良市阪原町25-1)
1階プレイルーム、2階 講座室、野外等
対 象 者:本学医学科1年生 34名
概  要:初級の救急対応トレーニングを実施

2

その他

報道発表資料(PDF:522KB)

お問い合わせ先

公立大学法人奈良県立医科大学
広報室 相模、松原
〒634-8521 奈良県橿原市四条町840番地
TEL:0744-22-3051(内線2206、2215)  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。