奈良県立医科大学麻酔・ペインクリニック科
専門医研修プログラム

NMUメンバーを知る

OFFがあるから育まれる力

私たちは「個性」「挑戦」「チームワーク」を大切にし、さらなる進化を目指しています。

進化をとげるには、働く「ON」の部分と、仕事終わりや休日の時の「OFF」の部分をしっかりと分け、
どちらも真剣に考えることが大事だと考えています。

メリハリをつけてチャレンジし続けることのできるこの環境で、共に働き、共に楽しみ、
共に夢を語りあえる仲間と出会えればと思います。

「OFF」を充実させ、仲間とのコミュニケーションが活発することで、
医療を飛躍させるさらなる力が育まれてきます。

私たちは、そう信じ、新たな強力者をお待ちしています。

先輩インタビュー

仲野 有紀 先生平成26年卒業生

麻酔科を選んだ理由は?

初めて麻酔科の存在を知ったのは、大学4年生の病院実習の時でした。普通の手術場で、麻酔科医はとりわけ目立つ存在ではありませんが、患者さんを手術の侵襲から守り、緊急時には手術室の指揮をとって迅速に対応します。そんな先生方の姿を見て憧れの念を抱き、いつしか私もその仲間に加わりたいと思うようになりました。
また、麻酔科は他の研修してそのイメージが変わりました。手術前には、直接患者さんに会った話を伺い、麻酔の話をし、緊張を和らげるよう努めます。その後、患者さんの情報を元に麻酔計画を立て、手術中は患者さんの側で患者さんを守るべく全力を尽くします。手術後は、麻酔の副作用や合併症の有無を確認し、早期離床できるよう自己調節鎮痛デバイスや、神経ブロック等で手助けします。数日後、患者さんが笑顔で過ごしている姿を見たり、麻酔をかけてくれてありがとうと言ってもらえた時に、やりがいを感じます。
このように、短期間ですが、患者さんに集中し、密に関われる点に大きな魅力を感じています。そして、女性の先輩医師をモデルに自分のライフプランを考え、その時に最も具体的にイメージできたのが、麻酔科でした。

麻酔科の研修体制のよいところは?

当教室は、指導医と研修医がペアになって症例を担当し、最初から最後までマンツーマンで教わることができます。様々なモニターを見ながら、患者さんがいまどういう状態なのか、自分で論理的に考える力が身につきます。そして、苦手な手枝のコツも教えてもらえるので一気に上達できます。
また、臨床工学技士も一緒に症例を担当することがあり、麻酔機器についての知識を深めることができます。その他の手術室スタッフの方々も、慣れない研修医を優しくサポートしてくれ、働きやすい環境が整っています。また、毎週、研修医向けの周術期勉強会、英論文抄読会、経食道心エコー勉強会があり、積極的に若手麻酔科医の教育が行われています。手術麻酔以外に、集中治療室やペインセンター、緩和ケアセンターの研修の可能で、急性期から終末期まで様々な角度から学ぶことができます。

これからの目標は?

当教室は、医局員の約半数が女性で、結婚・出産を経た麻酔科医の認定医および専門医取得や会社復帰をサポートする「ママ麻酔科医制度」があります。そのため、子育てをしながら活躍する先輩医師が数多くいます。私も麻酔科医として成長しながら、女性としてのライフプランを立て、興味のある小児麻酔について知識と技術を深めていきたいと思っています。

松浦 秀記 先生平成24年卒業生

麻酔科を選んだ理由は?

急性期疾患にもともと興味をもっていてICU管理のできる医師を目指していました。麻酔科は呼吸・循環管理のプロであり、それが活かされると思いました。研修の最初に回った科でとても印象的であったことも理由一つと思います。

麻酔科の研修体制のよいところは?

上級医の指導のもと多くの手枝や基本的な麻酔管理を学ぶことができます。心血菅作動薬や人工呼吸器の使い方など研修医の苦手分野も克服できると思います。
また麻酔関連領域としてICUやペインクリニック、緩和医療の研修もできるため、興味の幅は広がるのではないでしょうか。またサブスペシャリティとしての心臓麻酔、小児麻酔など、より専門知識を得るために国立循環器研究センターや府立母子保健総合医療センターなどとも連携し研修することできます。

これからの目標は?

僕は現在国立循環器研究センターのレジテントとして研修させていただいています。
奈良医大だけでは経験できない症例はもちろん、重篤な心疾患合併患者の麻酔管理を日々勉強しています。多くの麻酔は問題なく終わりますが、予備力のない症例でこの麻酔科にしかできない適切な管理が求められます。そんな症例を安定して管理できることが現在の目標であり、さらに一般麻酔へ応用できるように努力していきたいと思います。

赤崎 由佳 先生平成23年卒業生

麻酔科を選んだ理由は?

初期研修で研修したところがどの科も面白くて迷いましたが、毎日麻酔科している自分が一番しっくりきたからでしょうか。
学生のときに興味を持った科ではなく、初期研修では結構大変だったなー…という科ですが、研修を振り返った時に一番興味を持って今後学んでいきたい!と思って選択しました。

麻酔科の研修体制のよいところは?

他大学出身なので、奈良医大の麻酔科がどんなところかあまり知らずに決めました。
ちょうど後期研修3年終わったところなのですが、振り返ってみると…

  • ①徐々に(知らないうちに?)レベルアップしている!と実感する→なんか楽しい。任されるようになるとさらに楽しい!!という日々です。
  • ②「発表してみる?」「やってみない?」と言われてたくさん学会発表、臨床研究、そして論文…どれも手取り足取り。大変だったけど頑張ってよかったー!と思います。
  • ③関連施設での研修→神経ブロック、帝王切開、当たる症例も大学の時より多くて大学とは違う経験をしました。神経ブロックってすごい!を日々実感しました。
  • ④色んな科の色んな手術、ICU症例をみる機会があるのですが、麻酔科の先生はもちろん、他科の先生方にもたくさん教えていただけるので学びやすい環境だなーと思います。

これからの目標は?

これは入局当初から変わらないのですが、上の先生をみていると信頼されているんだなーと尊敬しちゃいます。
技術だけでなくて、オペレーターの先生やコメディカルスタップが安心して手術してもらえるように麻酔ができるようになりたいです。麻酔科と決めた当初はあまりかん考えていなかったのですが、産科麻酔、小児麻酔にも興味をもってきたところなので勉強したいと思う今日この頃です。