ホーム > 大学概要 > 公開講座 > 平成30年度肝臓週間に伴うウイルス肝炎に関するパネルディスカッションが開催されます

ここから本文です。

更新日:2018年6月7日

肝臓週間に伴うウイルス肝炎に関するパネルディスカッション

ウイルス肝炎・肝がんの撲滅に向けて

開催日時 2018年7月28日(土曜日)14時30分~17時00分(14時00分開場)
開催場所 奈良春日野国際フォーラム甍(旧奈良県新公会堂) 能楽ホール
プログラム
○ご挨拶

  三代 俊治 公益財団法人ウイルス肝炎研究財団常務理事

  林 修一郎 奈良県福祉医療部長

○パネルディスカッション

  座長 市田 隆文 公益財団法人ウイルス肝炎研究財団理事長

     吉治 仁志 奈良県立医科大学消化器・内分泌代謝内科教授

  パネリスト

   1「日本における肝炎患者の現状」

     田中 純子 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 疫学・疾病制御学教授

   2「B型肝炎のトピックス~最新の治療を中心に~」

     加藤 直也 千葉大学大学院医学研究院 消化器内科学教授

   3「のみ薬でウイルスが消えやすくなったC型肝炎の現状と今後の課題」

     泉  並木 武蔵野赤十字病院 院長

   4「肝がんは予防できる!~抗ウイルス治療と生活習慣の改善~」

     清水 雅仁 岐阜大学大学院 消化器病態学教授

○質疑応答
会費等 無料・申込み不要

問合先

奈良医大内科学第三講座

TEL:0744-22-3051(内線:3415)

E-mail:3naika@naramed-u.ac.jp

その他 チラシ(PDF:608KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。