ホーム > 関連施設・センター > 看護実践・キャリア支援センター > 特定行為研修 > 挨拶

ここから本文です。

 ご 挨 拶    flower

奈良県立医科大学附属病院病院長   古家  仁      (特定行為研修責任者)

 団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、今後の医療を支えるために保健師助産師看護師法の一部改正によって、平成27年10月1日から手順書により特定行為を行う看護師に対し、「特定行為研修」の受講が義務づけられました。奈良医大はこの研修制度が開始となってすぐに指定研修機関の認可を受け平成28年1月より研修が開始されています。この研修により、高度かつ専門的な知識と技能を身に着けた看護師が育成され、患者さんの状態を的確に見極めることで、タイムリーな対応が可能となり、「治療」「生活」の両面から、患者さんを支えることができるようになります。この研修制度は、看護師が手順書により行う特定行為を標準化することで、今後の急性期医療から在宅医療等を支えていく看護師を計画的に養成することを目的としておりますので、今後、多くの看護師の方に受講していただきたいと考えています。

特定行為研修管理委員会 委員長 川口 昌彦

 2015年10月1日に「特定行為に係る看護師の研修制度」がスタートし、奈良県立医科大学附属病院でも2016年1月より特定行為研修が開始されました。本制度は、国が掲げる「チーム医療の推進」の具体的方策の一つで、チームとして必要な医療サービスを適切なタイミングで提供できる急性期病棟から在宅医療までの活用が期待されています。当院ではすでに、人工呼吸管理、栄養・水分管理、薬剤管理、術後疼痛管理などを含む7区分からなる急性期コースとして、5名の看護師が特定行為研修を終了しています。多くの看護師が特定行為の知識や技術を習得し、円滑なチーム医療を実践することで、医療の質や安全が担保される状態になればと考えております。そのためにも特定看護師の育成とその実践を積極的に推進していきたいと考えております。看護師の特定行為の実施に関し、ご理解とご支援いただければ幸いです。

                                                                                       nurse_

 

                                                                                                                                                     

 

 

                                                                                                                                                            

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 看護実践・キャリア支援センター  

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-23-8067