教育 教育

精神療法を学ぶプログラム

はじめに

現在の精神科臨床において適切な診断とそれに基づく治療が必要であることはいうまでもなく、エビデンスのある治療の選択肢の一つとして精神療法の技法の一つである認知行動療法があげられることが多い。また日常臨床において専門的な精神療法をおこなう以前に支持的精神療法の重要性を否定する治療者はいないだろう。

しかし現在の一般的な研修において指導医師の陪席により学ぶことが一般的であったとしても精神療法にまつわる知識を学ぶ機会は少ない。そのため今回の研修において精神療法面接における一般的、基礎的な項目を総合的に学ぶ機会を作りその上で専門的な精神療法(認知行動療法など)を実施する土台を作っていきたいと考えている。

講師

林 竜也(林こころのクリニック)

実施日時、方法

日時:第2木曜日 19時から21時
期間:4月から翌年3月までの1年間
実施方法:約1時間程度の座学の後質疑応答を行い、実際の臨床場面においての疑問点などについて議論する。参考文献の中で下線をつけたものについては事前に読了が望ましい。

精神療法において目指すべき水準

  • 面接のための技術を身につける(基本的接遇など)。
  • 患者の訴えの背景にあるものを想像し、相手の表情の変化などに注意を払いながら面接を実施することができる。
  • 適切な診断、見立てのもとで自覚的に介入を行なうことができる。
  • 面接場面において、自分の心の動きを観察し言語化でき、また患者との間で起きている現象について理解し説明できる。
  • 面接を重ねる中で起こっていく変化について適切にモニタリングすることができる。
  • 共感、支持、指示、説明など適切なタイミングで介入を行なうことにより治療関係を構築、維持することができる。

などがあげられる。今回の研修においてすべての水準を満たすことは困難であるが、上記のようなことを土台として認知行動療法などの専門的な精神療法が行えると考えられる。
また系統だった精神療法を行わずとも、様々な精神療法の基本を理解し、それぞれの精神療法の伝統が有する前提を知ることで症状を深く理解でき、精神科臨床の充実につながると思われる。今回の研修を通して基本的な知識を身につける機会にしたいと考えている。

実施内容

2021年4月8日

精神療法の基本 はじめに
精神療法の特定の技法が、広範囲の心理学的な障害に関して他の技法よりも有効であるということが説得力のあるやり方で示されたことはない。しかし、代表的な精神療法の概要やそれぞれの技法が前提としている考えについて理解することは症状を理解する上で重要である。今回は主に初診時においての見立てや精神療法の基本である共感、励まし、助言などの支持的精神療法について説明する。

参考文献:

  • 動画で学ぶ支持的精神療法入門 Winston A /Rosenthal RN /Pinsker H 原著 大野 裕/堀越 勝/中野 有美 監訳 医学書院
  • 臨床医のための精神科面接の基本 日本精神神経学会精神療法委員会 編集 新興医学出版社
  • エキスパートに学ぶ精神科初診面接 日本精神神経学会精神療法委員会 編集 医学書院
2021年5月13日

種々の感情状態への精神療法
感情、情動は古典的な理論が想定していたように厳然と存在しているものではなく、社会的、文脈的な影響のもとで表現され、感情、情動を感じている本人にとっても区別しにくいものであると考えられている。感情、情動のつくられ方について解説した後、不安、うつ状態、躁状態など病的な状態についての見立てやそれぞれの状態に対しての精神療法的介入について概説する。

参考文献:

  • 心の治療における感情: 科学から臨床実践へ ステファン・G・ホフマン(著) 北大路書房
  • 認知行動療法トレーニングブック Jesse H. Wright 他(著)大野裕(監修)医学書院
  • 情動はこうしてつくられる―脳の隠れた働きと構成主義的情動理論 バレット,リサ・フェルドマン(著)紀伊國屋書店
  • 新版 うつ病の認知療法 アーロン・T・ベック 他(著)岩崎学術出版社
  • 双極性障害の認知行動療法 D.H.ラム 他(著)岩崎学術出版社
2021年6月10日

自殺対策の精神療法
自殺念慮を認めている患者の治療において、自殺既遂に至る危険因子を理解し、現在のリスクを見積もり介入することの重要性は言うまでもないと思われる。自殺対策についての臨床評価と危機介入についてふれ、同時に自傷行為をおこなっている患者への介入について、概説する。

参考文献:

  • もしも「死にたい」と言われたら 自殺リスクの評価と対応 松本俊彦(著)中外医学社
  • 自殺の危険 臨床的評価と危機介入 第3版 高橋祥友(著)金剛出版
  • 自殺リスクの理解と対応 死にたい気持ちとどう向き合うか ショーン・C・シア(著)、松本俊彦他(翻訳)金剛出版
  • 自殺の対人関係理論 予防・治療の実践マニュアル Thomas E. Joiner Jr 他(著)日本評論社
  • 自殺対策の認知療法 エビデンスと症例に基づく臨床実践 A.ウェンツェル 他 著 大野 裕 監訳 岩崎学術出版社
2021年7月8日

パーソナリティ障害の精神療法 ①
パーソナリティ障害の中でも臨床的な代表的な障害である境界性パーソナリティ障害についてその成り立ちについてふれた後、その精神病理について力動的精神療法および対象関係論的にはどのようにとらえられているのかを説明し基本的な治療方針について概説する。

参考文献:

  • 精神力動的精神療法 基本テキスト  G.O.ギャバード 著 岩崎学術出版社
  • 精神力動的精神医学 第5版 その臨床実践 G.O.ギャバード 著 岩崎学術出版社
  • パーソナリティ障害 ジェームス・F. マスターソン(著)星和
2021年8月12日

パーソナリティ障害の精神療法 ②
パーソナリティ障害の現在の理解については、力動的、対象関係論的な理解だけではなく、認知行動療法の一つの流れであるスキーマ療法、弁証法的行動療法などによる理解、介入も行なわれるようになっている。また愛着関係、発達を背景とした問題に注目するメンタライゼーションや心的外傷などに着目する介入も行なわれるようになっている。現在のパーソナリティ障害の精神療法の各種技法について概説する。

参考文献:

  • 弁証法的行動療法(認知行動療法の新しい潮流)ウィンディ・ドライデン 編 ミカエラ・A・スウェイルズ 他著 大野 裕 監修 明石書店
  • スキーマ療法 パーソナリティの問題に対する統合的認知行動療法アプローチ ジェフリー・E・ヤング 他 著 金剛出版
  • メンタライゼーション実践ガイド 境界性パーソナリティ障害へのアプローチ A.ベイトマン 他 著 岩崎学術出版社
2021年9月9日

動機づけ面接法
精神科臨床に留まらず、身体疾患などへの介入においても変化への動機づけを図ることの重要性はいうまでもないと思われる。特に精神科臨床の分野においては、依存、嗜癖への介入の中で動機づけ面接法の技法は根幹になるものであり、認知行動療法などの介入を行なう際にも重要になる。その基本となる動機づけ面接法について説明する。

参考文献:

  • 医療スタッフのための 動機づけ面接法 逆引きMI学習帳 北田雅子・磯村毅 著 医歯薬出版
  • 動機づけ面接〈第3版〉上  下 ウイリアム・R・ミラー 他(著)星和書店
2021年10月14日

認知行動療法 認知療法を中心に
エビデンスに基づいた精神療法の代表例として認知行動療法が注目されるようになって久しい。アーロンベックによって創始された認知療法と行動療法が組み合わされパッケージ化されたものが認知行動療法であると思われる。精神症状を捉える中でいわゆる自動思考(認知)をとらえることの重要性と認知行動療法における代表的な技法である7つのコラムといった認知再構成法などを中心に説明する。

参考文献:

  • ベックの認知療法(認知行動療法の新しい潮流3)フランク・ウィルス(著), 大野 裕(監修)明石書店
  • 認知行動療法トレーニングブック Jesse H. Wright 他(著)大野裕(監修)医学書院
  • 認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで 第2版 ─ジュディス・ベックの認知行動療法テキスト─ ジュディス・S・ベック 著 星和書店
2021年11月11日

認知行動療法 行動療法を中心に
7つのコラムを代表とする認知再構成法が、認知行動療法の中心であるように思われることが多いが、再構成のみが認知行動療法の介入ではない。ベック自身もうつ病の認知療法において行動療法について触れており、現在の認知行動療法においては行動活性化など種々の行動療法的技法を組み合わせ行なわれることが多い。第三世代の認知行動療法としても行動活性化療法は行なわれている。認知行動療法の中でも行動療法的側面を中心に説明する。

参考文献:

  • はじめてまなぶ行動療法 三田村 仰(著)金剛出版
  • 行動活性化(認知行動療法の新しい潮流)ジョナサン・W・カンター 他(著)大野 裕 監修 明石書店
  • セラピストのための行動活性化ガイドブック:うつ病を治療する10の中核原則 クリストファー・R・マーテル 他(著) 創元社
2021年12月9日

マインドフルネス コンパッション
いわゆる第三世代といわれる認知行動療法においては、新しい側面の介入も行なわれている。その中でもマインドフルネス、コンパッション(セルフコンパッションも含む)はビジネス領域においても注目され、一般にも広く知られるようになっている。マインドフルネス、コンパッションの治療において想定されている治療機序、それぞれの代表的な介入法について説明する。

参考文献:

  • マインドフルネス入門講義  大谷 彰(著)金剛出版
  • 自分でできるマインドフルネス:安らぎへと導かれる8週間のプログラム マーク・ウィリアムズ 他(著)創元社
  • マインドフルネス認知療法:うつを予防する新しいアプローチ ジンデル・シーガル 他(著)北大路書房
  • セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる クリスティーン・ネフ(著)金剛出版
2022年1月13日

認知と行動をつなぐものとして ACT
第三世代といわれる認知行動療法の中でアクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)を取り上げる。ACTは機能的文脈主義に基づく介入法であり、認知の内容というよりはその機能への介入を重視している。ACTの重視する6つのコアプロセスである 今この瞬間への柔軟な注意、アクセプタンス、脱フュージョン、文脈としての自己、コミットされた行為、価値について説明する。6つのコアプロセスはヘキサフレックスとも言われるが、認知と行動を架橋している側面もある。また症状へのとらわれが症状を強めているという逆説的な側面を強調した創造的絶望についてもふれる。

参考文献:

  • よくわかるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)明日からつかえるACT入門 ラス・ハリス(著) 星和書店
  • 幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない: マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門 ラス ハリス(著)筑摩書房
  • アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)第2版 -マインドフルネスな変化のためのプロセスと実践‐スティーブン・C・ヘイズ 他(著)星和書店
2022年2月10日

人生におけるポジティブな価値とは
一般的な精神療法においては症状への対処が中心であり、より人生におけるポジティブな意味合いを探求するという側面については重視されてこなかったと思われる。ACTにおいては価値に基づいた介入は中心的な技法であり、動機づけを図る上でも重要になる。いわゆるポジティブ心理学の考えを紹介し、その上でポジティブな価値をもとにした介入について説明する。

参考文献:

  • ポジティブ心理学が1冊でわかる本 イローナ・ボニウェル 国書刊行会
  • ポジティブ心理学の挑戦 幸福から持続的幸福へ マーティン・セリグマン ディスカバートゥエンティワン
  • うつを克服するためのポジティブサイコロジー練習帳 ミリアム・アクタル 著 創元社
  • ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)における価値とは クライエントの価値に基づく行動を支援するためのセラピストガイド ジョアン・C・ダール 他(著)星和書店
2022年3月10日

統合的な精神療法とは Process based CBTの紹介
現在は種々の症候群を対象とした精神療法が乱立している状況であるが、種々の症状にはそれを生じているプロセスがあり、また精神療法にはそれぞれ哲学的前提が異なるものの共通した介入のプロセスがあると考えられる。これからの精神療法のあるべき姿としては、共通のプロセスをもとにした(process basedな)介入が必要になってくる。代表的な共通プロセスを紹介し、今回の精神療法研修プログラム全体のまとめをおこなう。

参考文献:

  • Process-Based CBT: The Science and Core Clinical Competencies of Cognitive Behavioral Therapy Ph.D. Hayes, Steven C, Ph.D. Hofmann, Stefan G.編著(日本語版未出版)
TOPへ