教育 教育

精神療法を学ぶプログラム

はじめに

現在、生物学的な考えが精神医学界の中心になって久しいが、精神療法を学ぶ意義はどのような点にあるのだろうか。精神療法においては各種の学派(認知行動療法、臨床行動分析、精神力動的精神療法など)が存在しているがそれぞれが想定している人間観、哲学は異なるものである。各派の成り立ちを概観することは人間を深く理解することにつながるものであると考える。

また精神科臨床において適切な診断とそれに基づく治療が必要であることはいうまでもなく、エビデンスのある治療の選択肢の一つとして精神療法の技法の一つである認知行動療法があげられることが多い。しかし日常臨床において専門的な精神療法をおこなう以前に支持的精神療法の重要性を否定する治療者はいないだろう。

精神療法的な関わりについては、一般的な研修においては指導医師の診察に陪席することにより学ぶことが一般的であるが精神療法にまつわる知識を学ぶ機会は少ない。そのため今回の研修において精神療法面接における一般的、基礎的な項目を総合的に学ぶ機会を作りその上で専門的な精神療法(認知行動療法など)の実施する土台を作っていきたいと考えている。

准教授 牧之段 学

講師

林 竜也(林こころのクリニック)

実施日時、方法

日時:原則第2木曜日 19時から21時
期間:4月から翌年3月までの1年間
実施方法:約1時間程度の座学の後質疑応答を行い、実際の臨床場面においての疑問点などについて議論する。参考文献の中で下線をつけたものについては事前に読了が望ましい。

精神療法において目指すべき水準

  • 面接のための技術を身につける(基本的接遇など)。
  • 患者の訴えの背景にあるものを想像し、相手の表情の変化などに注意を払いながら面接を実施することができる。
  • 適切な診断、見立てのもとで自覚的に介入を行なうことができる。
  • 面接場面において、自分の心の動きを観察し言語化でき、また患者との間で起きている現象について理解し説明できる。
  • 面接を重ねる中で起こっていく変化について適切にモニタリングすることができる。
  • 共感、支持、指示、説明など適切なタイミングで介入を行なうことにより治療関係を構築、維持することができる。

などがあげられる。今回の研修においてすべての水準を満たすことは困難であるが、上記のようなことを土台として認知行動療法などの専門的な精神療法が行えると考えられる。また系統だった精神療法を行わずとも、様々な精神療法の基本を理解し、それぞれの精神療法の伝統が有する前提を知ることで症状を深く理解でき、精神科臨床の充実につながると思われる。今回の研修を通して基本的な知識を身につける機会にしたいと考えている。

実施内容

2022年4月14日

支持的精神療法
精神療法の基本であり、自身が主に実施している精神療法としては支持的精神療法があげられることが多いと思われる。しかし単に支持的であるということと、支持的表出的連続体として表現される中での支持的精神療法には違いがある。また支持的であるということがどういうことかを考える上においても、ロジャーズにより創始されたクライエント中心療法の基本も理解しておくことは有用であると考える。当日は支持的精神療法の紹介とロジャーズの実践について概説する。

ロジャーズ:

  • 動画で学ぶ支持的精神療法入門 Winston A /Rosenthal RN /Pinsker H 原著  大野 裕/堀越 勝/中野 有美 監訳 医学書院
  • 精神療法の基礎と展開 「受容~共感~一致」を実践するために 原田 誠一 (著) 金剛出版
  • ロジャーズの中核三条件 一致:カウンセリングの本質を考える 1 本山 智敬 (著, 編集), 坂中 正義 (著, 編集), 三國 牧子 (著, 編集), 村山 正治 (監修) 創元社
  • ロジャーズの中核三条件 受容:無条件の積極的関心:カウンセリングの本質を考える 2 坂中 正義 (著), 三國 牧子 (著), 本山 智敬 (著), 飯長 喜一郎 (監修) 創元社
  • ロジャーズの中核三条件 共感的理解:カウンセリングの本質を考える 3 三國 牧子 (著), 本山 智敬 (著), 坂中 正義 (著), 野島 一彦 (監修) 創元社
2022年5月12日

精神力動的精神療法の諸学派
アメリカの精神科レジデントの研修において支持的精神療法を基盤とした上で、精神力動的精神療法、認知行動療法を習得すべきであるという考え方(Yモデル)が打ち出されているが、日本においては精神力動的精神療法の実践がされているところは少ないと思われる。また同じ力動的といっても諸学派においてその意味は異なっていると思われる。当日はフロイトの業績から現代の諸派に至るまでの流れについて概説する。

参考文献:

  • 精神力動的精神療法 基本テキスト G.O.ギャバード著  岩崎学術出版社
  • 精神力動的精神医学 第5版 その臨床実践 G.O.ギャバード著 岩崎学術出版社
  • 精神分析の歩き方 山崎 孝明 (著) 金剛出版
2022年6月9日

パーソナリティ障害の精神療法
パーソナリティ障害の診断概念自体は精神力動的な理解のなかで生まれてきたものであるが、現在において力動的、対象関係論的な理解だけではなく、認知行動療法の一つの流れである弁証法的行動療法(DBT)などによる理解、介入も行なわれるようになっている。また愛着関係、発達を背景とした問題に注目するメンタライゼーションや心的外傷などに着目する介入も行なわれるようになっている。現在のパーソナリティ障害の精神療法についてDBTを中心に概説する。

参考文献:

  • 弁証法的行動療法(認知行動療法の新しい潮流) ウィンディ・ドライデン 編 ミカエラ・A・スウェイルズ他著  大野 裕 監修  明石書店
  • スキーマ療法 パーソナリティの問題に対する統合的認知行動療法アプローチ  ジェフリー・E・ヤング 他著 金剛出版
  • メンタライゼーション実践ガイド 境界性パーソナリティ障害へのアプローチ A.ベイトマン他著 岩崎学術出版社
2022年7月7日

動機づけ面接
精神科臨床に留まらず、身体疾患などへの介入においても変化への動機づけを図ることの重要性はいうまでもないと思われる。特に精神科臨床の分野においては、依存、嗜癖への介入の中で動機づけ面接法の技法は根幹になるものであり、認知行動療法などの介入を行なう際にも重要になる。その基本となる動機づけ面接法について説明する。

参考文献:

  • 医療スタッフのための 動機づけ面接法 逆引きMI学習帳 北田雅子・磯村毅 著 医歯薬出版
  • 動機づけ面接〈第3版〉上  下 ウイリアム・R・ミラー 他 (著) 星和書店
2022年8月4日

アサーション
日常臨床において対人関係上の葛藤が主な問題であることが多いと思われる。特に問題となっている人に対し自らの気持ちをどのように伝えていくかが課題になっていることは多い。ベックも認知療法を始める時点においてアサーションの技法を取り込んでおり、今もって有用な技法であると思われる。現在は人権との関係において特に教育場面で用いられることが多いと思われるが、元来は行動療法的な文脈で属しているものである。当日はアサーションの成り立ち、技法及びその限界点について概説する。

参考文献:

  • 三訂版 アサーション・トレーニング: さわやかな〈自己表現〉のために 平木典子 (著) 日本・精神技術研究所
  • 相手は変えられない ならば 自分が変わればいい マインドフルネスと心理療法ACTでひらく人間関係 ラス・ハリス著 筑摩書房
2022年9月8日

臨床行動分析
ベックにより認知療法が始められるまでは、米国において主体であったのは行動療法であり、特に行動分析の文脈に属している実践であったと思われる。現在はいわゆる第三世代と言われる認知行動療法が行なわれているがその背景には行動分析から由来している技法、哲学が存在しており基本的な概念を理解していることは有用であると思われる。

参考文献:

  • はじめてまなぶ行動療法  三田村 仰 (著) 金剛出版
  • 臨床行動分析のABC ユーナス ランメロ (著), ニコラス トールネケ (著) 日本評論社
  • 臨床行動分析のすすめ方―ふだんづかいの認知行動療法 芝田 寿美男 (著) 岩崎学術出版社
2022年10月13日

認知行動療法 認知療法を中心に
エビデンスに基づいた精神療法の代表例として認知行動療法が注目されるようになって久しい。アーロンベックによって創始された認知療法と行動療法が組み合わされパッケージ化されたものが認知行動療法であると思われる。精神症状を捉える中でいわゆる自動思考(認知)をとらえることの重要性と認知行動療法における代表的な技法である7つのコラムといった認知再構成法や中心的な技法でもあるソクラテス的問答についても概説する。

参考文献:

  • ベックの認知療法 (認知行動療法の新しい潮流3)  フランク・ウィルス (著), 大野 裕 (監修) 明石書店
  • 認知行動療法トレーニングブック Jesse H. Wright 他(著)大野裕 (監修) 医学書院
  • 認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで 第2版─ジュディス・ベックの認知行動療法テキスト─ ジュディス・S・ベック 著 星和書店
2022年11月10日

行動活性化療法
7つのコラムを代表とする認知再構成法が、認知行動療法の中心であるように思われることが多いが、再構成のみが認知行動療法の介入ではない。ベック自身もうつ病の認知療法において行動療法について触れており、現在の認知行動療法においては行動活性化など種々の行動療法的技法を組み合わせ行なわれることが多い。第三世代の認知行動療法として単独でも行動活性化療法は行なわれている。

参考文献:

  • 行動活性化 (認知行動療法の新しい潮流)  ジョナサン・W・カンター 他(著)  大野 裕 監修 明石書店
  • はじめてまなぶ行動療法  三田村 仰 (著) 金剛出版
  • セラピストのための行動活性化ガイドブック:うつ病を治療する10の中核原則 クリストファー・R・マーテル 他(著) 創元社
2022年12月8日

うつと不安の統一プロトコル 診断横断的な介入
従来認知行動療法においては、一つの障害に対して一つのプロトコルが開発され介入がなされてきたが、実際の臨床においては併存症が問題になることも多い。また別の障害であったとしても共通のプロセスへの介入を行なっていたり、別々の障害に共通の心理的プロセスが想定される場合もある。そのため診断横断的な介入も有効であると思われる。
当日は、デイビッド・バーロウ博士により開発された診断横断的な介入であるうつと不安の統一プロトコルについて紹介する。

参考文献:

  • 不安とうつの統一プロトコル―診断を越えた認知行動療法セラピストガイド デイビッド・H. バーロウ 他 (著)  診断と治療社
  • 不安とうつの統一プロトコル―診断を越えた認知行動療法ワークブック デイビッド・H. バーロウ 他 (著)  診断と治療社
  • 不安とうつの統一プロトコル 診断を越えた認知行動療法 臨床応用編 デイビッド H. バーロウ 他(著)  診断と治療社
2023年1月12日

ACT①:基礎的理論 関係フレーム理論 アクセプタンス
第三世代といわれる認知行動療法の中でアクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)を取り上げる。ACTは機能的文脈主義に基づく介入法であり、認知の内容というよりはその機能への介入を重視している。ACTの重視する6つのコアプロセスである 今この瞬間への柔軟な注意、アクセプタンス、脱フュージョン、文脈としての自己、コミットされた行為、価値について説明する。6つのコアプロセスはヘキサフレックスとも言われるが、認知と行動を架橋している側面もある。ACT①においては基礎的な理論である関係フレーム理論および介入としてはアクセプタンスの部分を中心に概説する。

参考文献:

  • よくわかるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー) 明日からつかえるACT入門 ラス・ハリス (著) 星和書店
  • 幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない: マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門 ラス ハリス (著)  筑摩書房
  • アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT) 第2版 -マインドフルネスな変化のためのプロセスと実践‐スティーブン・C・ヘイズ 他 (著) 星和書店
2023年2月9日

ACT②:コミットメント 価値に基づく行動とは
ACTにおける介入としてはアクセプタンスだけではなく価値に基づく行動を増やしていくコミットメントの要素も重要になる。価値を考える場合においていわゆるポジティブ心理学として知られている領域の知見も有益であると思われる。
ACT②においては、特にコミットメントに基づく介入を中心に概説する。

参考文献:

  • ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)における価値とは ジョアン・C・ダール (著), ジェニファー・C・プラム (著), イアン・スチュアート (著)  星和書店
  • アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT) 第2版 -マインドフルネスな変化のためのプロセスと実践‐スティーブン・C・ヘイズ 他 (著) 星和書店
2023年3月9日

統合的な精神療法を目指して(PBTの紹介)
現在は種々の症候群を対象とした精神療法が乱立している状況であるが、種々の症状にはそれを生じているプロセスがあり、また精神療法にはそれぞれ哲学的前提が異なるものの共通した介入のプロセスがあると考えられる。精神療法において共通していると思われるプロセスについて紹介しながら、今回の精神療法研修プログラム全体のまとめをおこなう。

参考文献:

  • Process-Based CBT: The Science and Core Clinical Competencies of Cognitive Behavioral Therapy Ph.D. Hayes, Steven C, Ph.D. Hofmann, Stefan G.編著(日本語版未出版)
TOPへ