ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 医学部 > 教養教育部門 > 未来基礎医学

ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

未来基礎医学

未来基礎医学HP(外部サイトへリンク)

専任教員

仲川 孝彦(研究教授)
森 英一朗(特任講師)

研究内容

ヒトの疾患を、分子・細胞レベルから臓器・個体レベルまで、包括的に理解することを目標とします。そのために、生化学・分子生物学・遺伝学の技術を取り入れ、それらを融合させていきます。
1. オーガノイド:ヒトの疾患を臓器レベルで理解するために、ES/iPS細胞から作成したオーガノイドとCRISPR/Cas9の技術を組み合わせた手法を取り入れています。
2. 腎疾患:糖尿病性腎症を中心とした腎疾患の病態生理の解明に取り組んでいます。
3. 尿酸代謝:尿酸代謝の全身の各種臓器への影響を調べています。
4. LCドメイン:LCドメインの生物学的な機能解明に取り組んでいます。