ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 医学部 > 医学科 基礎医学 > 病原体・感染防御医学

ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

病原体・感染防御医学

専任教員

吉川正英 (教授)
王寺幸輝 (准教授)
北村知嵩 (助教)
西村知子 (助教)

研究内容

三つの研究テーマがある。第一は、NTD(Neglected Tropical Diseases)である寄生虫疾患にも精通した学生・医師の育成を目指し、臨床研究に取り組んでいる。第二は、住血吸虫を用いて中間宿主内の動態解析と感染メカニズムの解明に取り組んでいる。第三は、幹細胞分化に関する研究であり、多能性幹細胞(ES細胞やiPS細胞)から肝細胞・インスリン産生細胞・ドーパミン産生細胞の分化誘導に取り組み、現在は主に内耳有毛細胞や肺細胞への効率的誘導法を開発中である。また、発毛機構の解明にも取り組んでいる。

ホームページ

病原体・感染防御医学教室ホームページ