ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 医学部 > 看護教育 > 人間発達学

ここから本文です。

更新日:2016年1月19日

人間発達学

専任教員

飯田 順三(教授)

研究内容

児童思春期精神医学と発達障害に関する研究を主に行っている。特に児童思春期発症の統合失調症、その前駆状態であるARMS、児童思春期発症強迫性障害、注意欠如・多動症自閉スペクトラム症などの臨床的研究、およびそれらの疾患における事象関連電位およびNIRSを駆使しての病態研究を行っている。また発達障害児をもつ親へのペアレント・トレーニングの研究や発達障害児のソーシャル・スキル・トレーニングの研究も行っている。