患者様へ

周術期管理センター

チーム医療による患者中心医療を実践しています。

イメージ

手術を受けられる患者さんが安心して質の高い医療が受けられるよう、周術期管理チームで診療にあたっています。外来で手術が決定した段階で、周術期管理センターを受診いただき、外科医、麻酔科医、歯科医、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学士、歯科衛生士、管理栄養士、メディカルソーシャルワーカーなどで構成される多職種チームで、安全で質の高い周術期医療を提供できるよう診療にあたっています。

これまでは患者さんに必要な各部門を受診いただき、診療にあたるという形態でしたが、本センターでは患者さんの周りに各チームが結集し、診療にあたり情報を共有するという患者中心医療を実践しています。周術期管理センターは、2014年12月よりC棟3階の手術室と集中治療部の横に設置されています。
これらの活動により、手術期の合併症の軽減、入院期間の短縮、患者さんの満足度の向上、不必要な医療費の削減などを目的としています。


周術期管理センターは口腔機能管理室を含む多機能ルーム6室からなり、コーディネーターとしての認定看護師による患者さんの評価や振り分け作業、薬剤師による薬剤管理、麻酔科により術前術後管理、歯科医師・歯科衛生士による口腔機能管理、管理栄養士による栄養管理、理学療法士によるリハビリテーション、臨床工学士によるペースメーカーの調整、メディカルソーシャルワーカーによる医療費に関する相談、事務による患者さんへの対応や情報管理、などを実施しています。当周術期管理センターでは、多職種間の連携を強化するため、当病院の各職種の方々を中心に、周術期に関する教科書も出版しています。
手術に関しご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

周術期管理センター
センター長 川口昌彦