ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 大学院 > 大学院看護学研究科 > 実践看護学分野 > 在宅看護学

ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

在宅看護学

専任教員

小竹 久実子(教授)

研究内容

在宅看護の対象と特徴を理解し、療養者とその家族の意思決定を支援する意義や在宅看護力を高めるための方策を探究する。在宅看護学における研究課題を見出し、研究を行うための知識を養う。先行研究を抄読しながら文献レビューを作成し、概念の明確化を図るための概念分析、APAに基づく論文作成方法について学ぶ。