ホーム > 研究・産学官連携 > お知らせ > MBT柿渋の新型コロナウイルスに対する研究成果について

ここから本文です。

MBT柿渋の新型コロナウイルスに対する研究成果について

 報告日 令和3年3月1日
試験依頼者 春日井製菓株式会社 様 (愛知県名古屋市)
試験依頼品 柿渋含有飴
概要 免疫学講座の研究グループは、春日井製菓株式会社との共同研究により、柿渋含有飴において新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を確認しました。
実験内容 柿渋含有飴を5分舐めた時点での唾液に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)溶液を9:1の割合で混合し、室温20〜25℃で5分静置しました。反応を停止させ、ウイルス感染価(PFU/mL)をプラーク法にて測定しました。なお全試験は、本学内のバイオセーフティレベル3 (BSL3) の実験施設において、適切な病原体封じ込め措置のもとに⾏いました。
研究成果

柿渋含有飴を5分舐めた時点の唾液により、ウイルス感染価は3.83 x 105 PFU/ml(柿渋不含飴)から<1.0 x 102 PFU/ml(減少率>99.974%)と検出限界まで感染価が減少しました(図)。

春日井製菓様

図.ウイルス感染価の推移

考察 本試験で使⽤した柿渋含有飴を舐めた唾液が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活化することが判明しました。なお、浮遊するウイルス、人体での効果・影響を検証したものではないため、予防効果および既に感染した体内のウイルス減少や治療に関して実証したものではありません。

 

 報告日 令和3年2月19日
試験依頼者 カンロ株式会社 様 (東京都新宿区)
試験依頼品 柿渋含有飴
概要 免疫学講座の研究グループは、カンロ株式会社との共同研究により、柿渋含有飴において新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を確認しました。
実験内容 柿渋含有飴を10分舐めた時点での唾液に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)溶液を9:1の割合で混合し、室温20〜25℃で10分静置しました。反応を停止させ、ウイルス感染価(PFU/mL)をプラーク法にて測定しました。なお全試験は、本学内のバイオセーフティレベル3 (BSL3) の実験施設において、適切な病原体封じ込め措置のもとに⾏いました。
研究成果

柿渋含有飴を10分舐めた時点の唾液により、ウイルス感染価は1.25 x 105 PFU/ml(柿渋不含飴)から<1.0 x 102 PFU/ml(減少率>99.920%)と検出限界まで感染価が減少しました(図)。

カンロ様

図.ウイルス感染価の推移

考察 本試験で使⽤した柿渋含有飴を舐めた唾液が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活化することが判明しました。なお、浮遊するウイルス、人体での効果・影響を検証したものではないため、予防効果および既に感染した体内のウイルス減少や治療に関して実証したものではありません。

 

報告日 令和3年2月16日
試験依頼者 UHA味覚糖株式会社 様 (大阪府大阪市)
試験依頼品 柿渋含有飴
概要 免疫学講座の研究グループは、UHA味覚糖株式会社との共同研究により、柿渋含有飴において新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を確認しました。
実験内容 柿渋含有飴を5分舐めた時点での唾液に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)溶液を9:1の割合で混合し、室温20〜25℃で5分静置しました。反応を停止させ、ウイルス感染価(PFU/mL)をプラーク法にて測定しました。なお全試験は、本学内のバイオセーフティレベル3 (BSL3) の実験施設において、適切な病原体封じ込め措置のもとに⾏いました。
研究成果

柿渋含有飴を5分舐めた時点の唾液により、ウイルス感染価は1.0 x 105 PFU/ml(柿渋不含飴)から2.0 x 102PFU/ml(減少率99.800%)へと感染価が減少しました(図)。

UHA味覚糖様

図.ウイルス感染価の推移

考察 本試験で使⽤した柿渋含有飴を舐めた唾液が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活化することが判明しました。なお、浮遊するウイルス、人体での効果・影響を検証したものではないため、予防効果および既に感染した体内のウイルス減少や治療に関して実証したものではありません。

 

 報告日 令和3年2月16日
試験依頼者 カバヤ食品株式会社 様 (岡山市北区)
試験依頼品 柿渋含有タブレット
概要 免疫学講座の研究グループは、カバヤ食品株式会社との共同研究により、柿渋含有タブレットにおいて新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を確認しました。
実験内容 柿渋含有タブレットを5分舐めた時点での唾液に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)溶液を9:1の割合で混合し、室温20〜25℃で5分静置しました。反応を停止させ、ウイルス感染価(PFU/mL)をプラーク法にて測定しました。なお全試験は、本学内のバイオセーフティレベル3 (BSL3) の実験施設において、適切な病原体封じ込め措置のもとに⾏いました。
研究成果

柿渋含有タブレットを5分舐めた時点の唾液により、ウイルス感染価は2.0 x 105 PFU/ml(柿渋不含タブレット)から<1.0 x 102 PFU/ml(減少率>99.950%)と検出限界まで感染価が減少しました(図)。            

カバヤ食品様

図.ウイルス感染価の推移

考察 本試験で使⽤した柿渋含有タブレットを舐めた唾液が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活化することが判明しました。なお、浮遊するウイルス、人体での効果・影響を検証したものではないため、予防効果および既に感染した体内のウイルス減少や治療に関して実証したものではありません。

 

お問い合わせ

公立大学法人奈良県立医科大学 法人企画部 研究推進課 産学連携推進係(産学連携推進センター)

奈良県橿原市四条町840番地

電話番号:0744-22-3051

ファックス番号:0744-29-8021

mail: sangaku"AT"naramed-u.ac.jp
※お手数ですが、「"AT"」を@に変更してください。