日本小児科学会 奈良地方会
余白
  1. HOME
  2.  > 研究グループ紹介
  3.  > 血液凝固制御医学グループ

血液凝固制御医学グループ[Coagulation Proteinグループ]

  • 血液凝固制御医学グループ

研究メンバー

野上恵嗣教授、武山雅博准教授、荻原建一講師、坂田飛鳥助教、矢田弘史博士研究員、古川晶子助教、
越智聡史診療助教、能村卓慈特任助教、小田朗永特任助教、下西成人助教、中島由翔助教、
水町邦義大学院生、清水一貴大学院生、前田佑華大学院生、矢部睦実大学院生、
笹井香那ラボテクニシャン、堀内薫ラボテクニシャン

研究グループ紹介

血液凝固制御医学グループイメージ 我々のグループは、教室の主要テーマである先天性出血性疾患の診断・治療病態解明に関する研究を引き続き、血友病の分子病態、血液制御システムの解明および抗凝固・抗血栓療法の開発を中心に行っています。

血友病に関する研究では、分子生物学的解析、止血モニタリングの確立および新たな止血療法の開発などを精力的に行っています。

また血液制御システムに関しては、凝固第VIII因子や第V因子を介するトロンビンや活性型第X因子の凝固促進機構と、活性型プロテインC(APC)を介する凝固抑制機構に関する研究を行っています。

また最近では、血液凝固形成には内因系/外因系/APC凝固抑制系/線溶系の複数系が同時進行していく考えが主流になりつつあるため、第VIII因子と各系との関連に注目し、第VIII因子を中心とした凝固血栓形成やその抑制機序の解明を精力的に進めています。

さらに、止血メカニズムをcell-based modelとして、血小板、血管内皮および凝固をより包括的に解析し、血栓あるいは炎症に対する新しい治療strategyの開発にも挑戦しています。

このページの先頭に戻る