ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 医学部 > 臨床医学 > 小児科学

ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

小児科学

小児科学教室HP

専任教員

嶋 緑倫

野上 恵嗣

武山 雅博

吉澤 弘行

志田 泰明

石川 智朗

石原 卓

荻原 建一

榊原 崇文

矢田 弘史

長谷川 真理

大西 智子

辻井 信之

研究内容

奈良医大小児科は、血液、腫瘍、循環器、神経、腎臓、膠原病、内分泌、感染症における各領域の専門医が従事している高度小児医療施設であります。医療の進歩に伴い、専門領域の分野が複数にまたがる疾患が増加していますが、各専門医との連携がとりやすい環境にあり、活発なディスカッションを行いながら、重症疾患に対して診療を行っております。
研究面では教室の伝統である出血性および血栓性疾患の臨床・基礎研究を中心に国際レベルの研究を実施しています。国際的な交流も積極的に進めており、これまでに20施設に計45名の教室員が国外留学をしています。また、血液腫瘍、循環器、腎臓などの領域における止血凝固異常の研究分野の拡充を行っております。