ホーム > 講座・領域・研究室一覧 > 附属病院 > 中央診療施設 > 周術期管理センター

ここから本文です。

更新日:2016年1月18日

周術期管理センター

専任教員

川口 昌彦

研究内容

周術期管理センターでは、手術をうけられる患者さんにエビデンスに基づいた、安全で質の高い周術期管理を提供するため、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士、理学療法士、臨床工学士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、事務などの多職種チーム医療を実践しています。研究では、周術期合併症や医療の質を評価し、その改善に向けた取り組みを行っています。手術を受けられる患者さんの長期的な生活活動度への影響についても検討しています。

 

各科独自のページへ